新しい一歩

「鬱をやめよう」

そう決めた私は、次の行動を考えた

学びを続けたい

その思いは強かった
だけど、1年以上も授業を受けていなかった私は
受験などできる状態ではなかった

センター試験には間に合わない
留年もダメ

そこで私は・・・

大事な人に迷惑をかけるかもしれない

勉強が好きだった

知らないことを知り、世界が広がった
楽しいアイデアもたくさん浮かんできた

だから、私は勉強を続けたかった

そんな私の思いは、
「現実」と向き合うことになった

 受験に間に合わない 

意を決して、勉強へ舵を切っても
1年以上も学校を休んでいた私は
受験勉強において大きな遅れをとっていた

学校の試験は見込み点をつけてもらえる
だけど、受験は違う

私だけ特別と言う訳には行かないのだ

センター試験には間に合わない

それが、私が直面した最初の「現実」だった

どうにもこうにも、
センター試験に必要な知識が足りない
補おうにも、時間が足りない

「今年のセンターは諦めた方がいい」

それが、学校からのアドバイスだった

私も、それに対しては同じ考えだった

準備はもちろん、自信もない
試験を受けたところで、受験料が無駄になるだけ

当然、「大学ならどこでもいい」なんて
思ってもいなかった

自分が学びたいことを学べる
そんな大学に生きたかった

でも、今年の受験は諦める

そうするしかなかった

 留年はダメ 

「今年のセンター試験を諦める」となると
次に考えるのは、「来年のセンター試験」を目指すこと

だけど、ここで思いがけない問題が発生した

なんと、
母から「留年はダメ」と言われたのだ

母曰く、
「一度留年したら、
『また失敗しても、次がある』と
心に甘えが出てくる。
だから、進学するなら
留年をせずに進学しなさい。」

予想もしていなかった大問題

留年しないで、進学する

今まで、「進学=大学」だった私は
母からの言葉に頭を抱えた

おそらく母は、
「大学じゃなくても、専門学校でもいい」
そう言いたかったのだろう

だけど、そんなことを言われても
私が学びたいことは専門学校にはなかった

だからこそ、途方にくれた
万事休す

 道を探す 

それでも、
学びを諦めることなんてできなかった

興味がないことを学ぶのは嫌だったし
今までみたいに妥協しているようだから
専門学校へはいきたくなかった

だから、必死になって考えた

自分と、とことん向き合った

そもそも、そこまでして
何を学びたいのか

大学でなくては学べないこととは、何か?

私は、「こんな仕事がしたい!」と
明確な目標があるわけではなかった

それよりも、広い視野で
たくさんのことを学びたかった

「学ぶ」
それ自体が好き

専門学校への進学を望まなかったのは
将来性がハッキリし過ぎているから
専門的な知識、技術、資格を取れるのは
就職を考えれば「武器」になるのかもしれない

だけど、私はそれを望んでいるわけではなかった

文系、理系に捉われることなく
いろんな視点から学びたい
学びに臨むのは、ただそれだけだった

そうなると、大学だ

でも、ちょっと待って・・・

日本の大学って、「文系」「理系」で分けられて
学ぶ内容も違ってくる

今でこそ、学部に捉われない学びが広がっているけれど
私が高校生だった頃は、
一度学部を決めたら、その中でしか学べなかった

 日本がダメなら・・・ 

もしかして、日本の大学では
私が求めている学び方がそもそも出来ないのでは?

日本の大学を知らないから、
実際のところは正直わからないけれど

とにかく、
「日本の大学では理想の学びができない」
ということになった

これはマズイ・・・

学べないじゃないか

大学に進学しても、
学びたいように学べないなら意味がない

センター試験もダメ
留年もダメ
専門学校は興味がない

しかも、大学に行っても学びたい学びができない

もう、進学なんてできないじゃん!!

・・・

ん・・・?

いや、待てよ・・・

大学って、日本以外にもあるよな・・・

ちょっと興味が湧いただけ

日本以外の大学では
どんな風に学びを深めているのか

そしたら、そこには
私が学びたい学び方があった

学部に関係なく、
自分が興味のあることを学べる環境

もちろん、文系、理系は関係ない

学部だって、変え放題

そうか、日本の大学がダメでも
海外の大学に進学すればいいんだ!

 道を拓くために 

「留学」と言う選択肢をひらめいた私は
さっそく、留学に関する資料を集めた

どうすれば、留学できるのか?
どんな方法があるのか?
どれくらいの費用がかかるのか?

そして、何よりも心配だったのは

「またダメだと言われたらどうしよう・・・」

そう考えると、
留学以外の進学で我慢しよう
ふと、そう思う瞬間だってあった

だって、その方が楽だから

でも、ダメなんだ
それじゃぁ、私は何も変わらない

周りの目を気にして
誰かの期待に応えてばかりで
自分の人生を生きることができないままだ

迷惑をかけても、私は自分の人生を諦めたくない

留学の費用だけじゃない
しばらく親から離れるんだから
心配するに決まってる

心配だから、反対するかもしれない

それでも私は、勇気を出して口にした

うまくまとまらなかったけれど
一つひとつ、自分の正直な言葉をつないでいった

その日、新しい道ができた

母は、私の話を最後まで聞いてくれた

迷惑や心配をかけること
そのことで罪悪感があること
それでも、親に迷惑をかけても
どうしても留学したいこと

もちろん、自分の思いだけじゃない

両親からの質問に答えることができるよう
留学関連の資料を揃えた

私の話を一通り聞いた後

母がポツリと言った

「今のあなたに、この道しかないなら
それを妨げることはできないね」

私の前に、新しい道が拓けた瞬間だった

誰かに強要されたのでもない
他人の期待に応えるためだけに選んだのでもない

私が、私のために選んだ道

初めてだった

自分の正直な思いを言葉にしたこと
誰かの気持ちや立場じゃなくて
自分自身を優先したこと

私は、私のために
自分の人生を選ぶことができる

それを信じて行動に移せたことは
少し、誇らしい気持ちになった

そして、留学した先で出会ったのは
夢と希望に溢れた志高き友人たち

「受験できなかった」
そんな傷が未だ癒えていなかった私は
引け目を感じながら留学生活を送るのでした

それは、次回のお話で・・・

 『自己肯定感』って、本当にあがるの? 

「自己肯定感って、どうすれば上がるの?」
そんな風に感じたことはありませんか?

自己肯定感に関する本を読んで、セミナーに参加したけれど
自己肯定感があがったのが、よくわからない・・・

それは、自己肯定感が外から与えられるものではなくて
あなたの中から湧き上がって育っていくものだから

beYOUtiful セッションでは
あなたの中に眠っている「自分らしさ」を見つけて
自己肯定感を育てることができます

 beYOUtiful セッションとは? 

自己肯定感アップを目的に行うオンライン 1 on 1 です

「自分らしさ」を見つけるために、
美容とファッションをテーマにして自分自身を向き合い
メイクアップアーティストから自己表現の方法を学びます

また、問題解決プロセスをベースにセッションを行い
自分の力で目標達成できる力を育てていきます

▼ メールで無料相談はこちらをクリック ▼

初回お試しセッション 120分

まずは、お試しセッションを受けてみましょう!

あなた自身とじっくり向き合う120分

セッション後には気分もスッキリ!

自分らしく人生を楽しむために
「何をすればいいのか?」が見えてくるから行動できる

行動できるから、結果を出して
次のステップが見えてくる

あなたらしく、人生を楽しみながら
ステップアップしていきましょう!!

定価:17,000円(税込)→5,000円(税込)

  • 「在りたい自分」を見つける
  • 120分の 1 on 1 オンラインセッション(zoomを使用)
  • 3回のフォローアップメッセージ(公式LINEを使用)
  • ご満足いただけないときは全額返金保証

お試しセッションの申し込みは
下記ボタンより公式LINEからお申し込みください
▼▼ 「友だち追加」ボタンを押してLINE登録 ▼▼

友だち追加
▼ メールで無料相談はこちらをクリック ▼

Twitterでは最新情報を配信中!

相棒(MacBook Pro)が帰ってきて
仕事が捗って

ごきげんでフェイシャルエステ行ってきます✨

本日、定休日なり〜♪

ツイートをもっと読む